×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Morning Glory






 クリスマス向けシングル、「Whatever」を全英チャート2位に送り込み、ますますオアシスは注目されます。



そして、Morning Gloryが発売されるのは1995年10月10日です。このアルバムはオアシスの代表作であり、


全世界で1800万枚という莫大なセールスを記録することになります。

デビューアルバムから、わずか一年と少しの出来事でした。





が、やっぱりそこは我らがギャラガー兄弟。この一年のあいだに、ものすごくたくさんやらかしてくれました。












Whatever収録の「Half The World Away」でロケ。トニーはドラマーなのに





















「お前はドラムに近づくな」と言われました。



ちなみにこの曲は、ノエル自らドラムを演奏しました。



トニーの問題は、バンドの中で大きなことでした。

こいつのドラムじゃ、オアシスは損なわれてしまうとノエル・ギャラガーは考えていました。



ドラムというポジションは見つけにくいんですね。


そこで、トニーにドラムの特訓をほどこしたんですが、どうにも本人はやる気が出ず。

「Some Might Say」の収録が終わったときに、トニー・マッキャロルを解雇。






そして、初めに声をかけたのがポールウェラーバンドのドラマー、スティーブン・ホワイトの実弟アランでした。





ノエルはアランの家に電話をしたんですね。


ところが本人は不在で、母親が出ました。ノエルは自分の電話番号を教えました。













アランが家に帰ってきた時に、母親は変な男から電話があったわよと言いました。


































「ノエル・グラグーガとかそんな名前だったわ」






「まさか、ノエル・ギャラガーじゃないだろうね」と、アラン。



そして、アラン・ホワイトはオアシスの一員となります。22歳でした。






アランはオアシスの最初の印象を語りました。




「パブで初めてギグジーに会った時だよ。俺は驚いてしまってね。ヤツは




















変な髪型で、しかもすべて白髪だ。





まさか、同い年とは思わなかったよ。35歳くらいに見えたぜ。




酒を飲みながら、






















手が震えているんだぜ。
まったくイカれてたね。




ギグジーは白髪、ボーンヘッドはハゲ、リアムはいつも騒いじゃ新聞をにぎわしている。







こりゃ、とんでもないバンドに入っちまったなって」




アラン・ホワイトのドラムは他のメンバーを納得させるものでした。



Morning Gloryでは、「Some Might Say」以外のすべての

ドラムがアランの演奏によるものです。













ノエルの「Morning Glory」における作詞のクオリティーは、超人的でした。





「Wonderwall」は、恋人メグ・マシューズに捧げた曲です。「Champagne Supernova」は、そのメグが買ってきた

シュガーポット(ジャケット参照)を見て、一瞬にしてひらめいたと言われています。


また、「Cast No Shadow」で影をなくしたアイツはリチャード・アシュクロフトです。






ノエルはWonderwallとDon't Look Back In Angerのどちらか歌わしてやるよ、とリアムに言いました。





ところが、リアム氏はどっちも歌いたいと主張。だが、結局Wonderwallをやることに。




Don't Look Back In Angerを収録中のことです。リアムはとてもとても暇でした。

ノエルがボーカルをやってしまうとやることがなくなってしまうのです。







自分がのけ者になったような気分です。ふてくされていました。パブで酒を飲みまくり、すっかり酔っぱらったリアム。



収録中のスタジオに





















「てめえら、バカヤロウ。俺があとでカタをつけてやるからな!!」

















なぜか宣戦布告。




リアム、暇なので調子に乗ってオアシスの宿舎にファンを大量に入れて、ドンチャン騒ぎ。




ノエルまたまた大激怒。リアム、逆切れ。またまたスカイ・ラブ・ツインシュート。




テーブル、イスなどを手当たり次第ぶん投げます。



リアムはボーンヘッドとパンチの応酬を繰り広げたあげく、ノエルにつかみかかるが


















ノエルに思い切りバットで殴られる。








気が済んだノエルはのえのえ自分の部屋に戻る。






だが、リアムはドアを蹴破って進入ノエルは窓を乗り越えて脱出。














ノエル・ギャラガーは、またバンドを辞める決意を固める。オアシスまさか解散か・・・・・・。





リアムさすがに反省。













「兄貴、またやっちまったな。ごめんよ」





「このクソったれ!」と言って、しぶしぶバンドに戻ります。相変わらずすさまじいですね。




















こうして出来上がったセカンド・アルバム、実は最初メディアは否定的な意見が多かったのです。






「ノエル・ギャラガーはもう才能を使い果たしてしまった」とか、「オアシスは終わった」とまで書く人もいました。






ところが、次第にロックンロール・アルバムとしてのひとつの完成として、受け入れられていきます。





シングルはすべて、全英1位か2位でした。中でもワンダーウォールの浸透力は抜群で、

マンチェスター・シティーでは、この替え歌が応援歌としてうたわれ始めました。アメリカでもスマッシュヒット。

マンチェスター・シティーのホーム、メインロードでオアシスはライブをやることになります。これは、「ゼアアンドゼン」でおなじみですね。


ロンドン・アールズコートのライブでは、屋内ライブとしては異例の二日で四万人を記録。


96年、ネブワースパークの野外ライブでは、二日で二十五万人もの観客を集めました。


これは驚くべきことに、イギリス総人口の5パーセントにあたります。そして、イギリス史上最大のライブ動員数でした。
しかし、それでもなお75万人がチケットを買うことができなかったと伝えられます。







わずかの時間。驚異的なスピードで、オアシスは昇りつめました。ギャラガー兄弟が運命的に、ストーンローゼズのステージを体験し

ロックンロールスターを夢見て、とうとうローゼズどころか「ビートルズを越える」と形容されるようになりました。




ノエル・ギャラガーは、恍惚とした表情で、圧倒的な数の観衆を見つめました。そして、叫びました。















「ディス・イズ・ザ・ヒストリー!!!!!!!!」






そして、リアム・ギャラガーはまったく臆することなく腕を後ろに組んで、遙か上空を見据えて歌いました。



ギャラガー兄弟たちをたたえるかのように、


元ストーンローゼズのジョン・スクワイアがシャンペーンスーパーノヴァを一緒に演奏しました。






ネブワース・パーク。オアシスは、最高の成功を手に入れました。



もはや、これ以上何を望めばいいのだろうというくらい巨大な成功。



同時に、それは彼らに苦しみを与えていくことになるのです。










戻る