×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Standing on the Shoulder of Giants








ノエル・ギャラガーは、この時期、つまりBe Here NowからStanding on the Shoulder of Giants発表まで、

非常に不幸だったと述べています。






ノエル「たくさん、理由はあるよ。一緒につるんでいた人間も好きではなかったし、



結婚相手も好きではなかったし、居たバンドも好きじゃなかったし、ドラッグ中毒だったし



とにかく自分を失いかけていたんだ」







Be Here Nowでの激しい自己嫌悪から、一転して初心に帰ろうとしたのがこのアルバムでした。








しかし、1999年8月ボーンヘッドとギグジーが相次いで脱退。ギャラガー兄弟は沈痛な面持ちで、会見を行わなければいけませんでした。




11月には、元Heavy Stereoのゲム・アーチャー、RIDE、Hurricane♯1のアンディーベルが

それぞれギターとベースで加入しました。



アンディーが突如オアシスのベーシストとして加わったことで、Hurricane♯1は解散してしまします。





ボーンヘッドとギグジーの演奏部分は、ノエルとポール・ステイシーが演奏しなおして録音されました。


ですから、Standing on the Shoulder of Giantsの印税はふたりには入りませんでした。








このアルバムのタイトルは、英国の2ポンド硬貨の側面の文字から取られたものです。


アイザック・ニュートンの言葉ですが、


それを英国造幣局がききつけて、記念してオアシスコインを限定で発行しました。


























ところで、このアルバム。ノエルは完成度について自信満々でした。


2000年2月23日の発売で、全英初登場1位を取るものの、



わずか2週間でTravisの「The Man Who」に打ち落とされて、そのままランク圏外へ消えてしまう運命にありました。





そしてギャラガー兄弟、揃って離婚とろくな目に合っておりません。



ちなみに、この時期ノエルは「Wonderwallは二度と演奏しない」と発言。


2002年ツアーでは結局演奏しまくってましたが、しばらくはやりませんでした。






また、ノエルがヨーロッパツアー中に単身で帰国し、一ヶ月間ノエル不在でツアーを続行しました。





重たい雰囲気の中、突如として2000年11月13日、「Familiar to Millions」をリリース。ライブベスト盤ですが、



オアシスはもしかしたら解散するんじゃないのかという噂が流れました。










2001年には、black crowsと兄弟愛ツアーを敢行しました。このときには、ドラムにはアランではなく、兄のスティーブが入っています。





7月28日には、日本にとってオアシスは初の野外出演を果たしました。

フジロックに出演。日本版ネブワースとまで呼ばれる名公演は、多くのファンの記憶に焼き付いています。。




終わってからのコメントで、ノエルは「蚊が多かった」マラリアを心配していたそうです。



10周年記念ツアーは、イギリスで行われました。会場はキャパシティーがわずか2000程度という小さなものばかり。







チケットはすぐに売り切れ、偽物まで出回っていたそうです。






何度も乗り越えてきた苦難や解散騒動、巨大な成功、大きな挫折、新しいメンバーとともにオアシスは再び歩みだしました。























戻る