×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フジロック2001

 





こんばんおあ。りあです。おあ。おあおあ。

僕のフジロックライブレポって読んでくださっている方多いと思います。

あのライブの感動を、2列目という間近で見たリアムを、ノエルを!!

あらん限りの情熱を注ぎ込んだものです。


が。

実際はファンタスティックなことばっかでした。なんていうか苗場でオフやったんですけど、

そりゃ〜もう、皆さん良い狂いっぷりでした。





まず登場人物を紹介いたしましょう。ちなみに友人のいーの氏の証言をそのまま引用します。

1 りあさん

いーの証言「おあおあ。おあおあ。うるさいんすよ。

      それに前の日から苗場の満点の夜空でシャンペンスーパーノヴァって3時間くらい言い続けてるし。

































      曇ってるちゅうねん・・・。










2 ベテラン




いーの証言「19歳って聞いてたけど、どう見ても中間管理職やんけ・・・。最初は思わず敬語使ってしまったっす。

 







     浪人生か。今年はどこ落ちるんすか?さてはベテラン?

3 修行王しんさん

いーの証言「なんであんなに弱っているんすか。俺は修行なら誰にも負けない気がしたが、









      前日にスカイラークに泊まって、しかも風邪引いて苗場とは。まさに修行王。負けてられねえっす」

4 YUKO女史

いーの証言「一見普通やのに、模擬試験サボってフジロックとは。ノエルの話をしたら、

      にやにやしてたのはあのアホと同じ危なさを感じるわ」

5 TOMOMIさん

いーの証言「ってゆうか普通。ふつう。ふつう・・・。ふつうって何すか?他にまともなヤツはおらんのか?おあ」








6 鹿児島からの高校生二人組み





いーの証言『フェリーで大阪まで来て、京都でテント張って、特急ただ乗りして苗場か・・・。






      しかも朝8時からグッズ売り場に4時間並んでるってすごいな。



























      オアシスファンってまともなヤツは居らんのか?






<ユニオンジャックを拾う>



高校生二人組みに電話をすると「グッズ売り場に並んでいます!!ちょっと待ってください」

とのご返事が来たので、











すかさず「俺らの分もTシャツ買ってくれ!!」







そして労せずおあTを手に入れる(本来4時間待ち)。おあ。






こうしておあ武装した高校生二人組み&ベテラン&りあさん&YUKO女史のおあレンジャー。






くるりを見に行くが、ノエル会やマンチェスターオアシス部隊(25人編隊)に出会い

世界の広さを知る。

いざ、オアシスを見に行く途中でユニオンジャックビニールシートが落ちていた。

『留学行くならUKでしょ?』とか何とか書いてある。








 

反射的に拾うりあさん。









そうするとYUKO女史が何だかうらやましげに「国旗ぃぃ!!」と言ってくる。

が。「こっき。こっき」と自分の物であることを主張する。






が。あまりにも物欲しそうに眺めてくる。視線が痛い。







二人で使うことに。





本当は独占したかったのだが、何しろ一枚しかない国旗だ。

とりあえず右端を私が持ち、左端をYUKO女史が持つ。

そのままトラヴィスを見に行く。こっき。こっき。






ところが私は控えめな性格なので人でごった返しているグリーンステージを押しのけて前へ行くのは

遠慮しようかと思っていた。




が。国旗を共有しているYUKO女史がガンガン進んでいくので、かなり前のほうに。






トラヴィスが始まる前に雨が降って来た。雨男フランさん。

ところがこんなときにビニールシート国旗は役に立つ。



ユニオンジャックを頭から被り雨をしのぐ奇妙な二人組。














いーの証言












「本気でやばかった・・・・・・」

やっぱり国旗は役に立つのです。雨避け!!!傘いらず!!!






<おあライブ>

このときまでには、無理やり進んで前から2列目。いーの氏としんさんはそこまで気合が入っていないので

後ろのほうでボ〜っと見てたそう。





いーの証言「たぶん3万人くらい居ったで。かなり後ろのほうで見てたけど、シャンペンスーパーノヴァで踊ってるアホが居ったわ。

        あ。あと驚いたのが始まる前。







キャー!!!とか、ワーーーーとか言ってるから








オアシス出てきたのかなって思ったら
























 まだ30分前やし。おあファンって狂ってるね」

始まったらノエルの前でした。まん前。

でも自然と体がリアムのほうに向かっていく。30分かけて移動。









そうするとベテランに出会う。「おお。ベテランってノエルファンやろ?島流しにあったのか?」と思いながら








無視していると(リアムに夢中なため)





ベテランは呪文を唱えだす。「すてっぷあうと。すてっぷあうと」


























するとノエルはステップアウトを歌いだすじゃないですか。







すげえ。ベテラン。やったぜ。ベテラン。

<夜中>






おあ終了後にYUKO女史とベテランは帰途につく。

そいで特急ただ乗り高校生二人組みもテントへ。




しんさんは寝不足のため弱っていて、いーの氏はただただオアシスファンに呆れていた。






ほんでTOMOMIさんと4人でビールで乾杯。

ビニールシートを敷いて、食料を買ってきて色々しゃべる。








が。りあさんテンション高すぎなためうずうずしてくる。













気温は10度なのに何故か半そでだ。

無理やり全員を連れてレッドマーキーに踊りに行く。








2時間くらい踊った挙句再びビニールシートに戻ってきた。










ビニールシートがもこもこしている。何かおかしい。






テンション高いりあさんは「何か包まってますよ」蹴りを入れる。





















しんさんが「うぅぅ・・・」と這い出てきたのであった。





















修行中だった。しかも、かなりの衰弱っぷりだった。






テンション高いりあさんは朝4時頃にユニオンジャックをマントみたいにして







うろうろしていた。とても寝れる気がしない。








するとテレビカメラがインタビューを試みてきた。

女性レポーター「今日は何を見てきましたか?」






りあさん「おあし===========す!!!!」












ってそんなこと訊くなよ。



女性レポーター(汗「何の曲が一番良かったですか?」










りあさん「シャンペンスーパーノヴァ!!シャンペンスーパーノヴァ!!!!あああ」












女性レポーター(「ちょっと歌ってみてくださいよ」







りあさん「はうめーにすぺしゃる〜ぴーぽーちぇいんじぃ!!!!!







と精一杯歌う。ややカメラ目線。








女性レポーター(大汗「はあ。ありがとうございました。(もう勘弁してください)」












というような非常に熱のこもったフジロックでした(笑







戻る