×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おあしすでカラオケ




おうぇいしすファンの皆さんひょっとして、カラオケなるものへ行くときは流行のJ−POPを入力して

周りの雰囲気を崩さないようにしているんじゃないでしょうね?






なんか洋楽でしかもおあしすなんか入れたら、




水を打ったように静まり返り



『え?おあしすって何なん・・・。知らんわ』



という愚民どもの反応を恐れてりゃしませんか?














こういう人は三等兵です。

ちなみに軍隊は二等兵までしか階級がありません。









ま。わたくしなんぞは

『え〜、おあしすとかおあしすとかおあしすを入れたら知らない人には布教になるかな。』



などと逆転の発想で歌います。






ちなみにやっぱり静かになります。おあ。



一応遠慮してるんですよ。遠慮しながら上から順番に全曲入れる。以上。









ところがですね。普通のカラオケ屋にはオアシスは平均5曲(注 2001年当時)くらいしかありません。

ひどいところだとLive Forever一曲だったりします。

しかも音が変だし、微妙に曲調が違ったりしていて困りものです。





が。ハイパージョイサウンドはですね。なんとオアシスが13曲もあるのです。

Who Feels Love?、Supersonic、Champagne Super Nova、Whatever、

All Around The World、Don't Go Away、Don't Look Back In Anger、

Live Forever、Roll With It、D'You Know What I Mean?、

Wonderwall、Go Let It Out!、Stand By Me、









きっと配信者はオアシスが好きなのでしょう。

皆さん行ってみましょう。ほんと音きれいだから。




ほんで先日関西おあしす遊撃隊が出動しました!!






最初は居酒屋に入って、ジントニックとカルアミルクを交互に飲みちょっと気分がすぐれないりあさん。





りあ「そういやこの会合もなかなか人増えないっすね・・・。」




みなみえさん『でも受験生とか受かったらまた顔出すようになるんとちゃう?

         YUKOちゃんとか、ほら兵庫県の・・・誰だっけ?』










hiroさん『兵庫県?ベテランか?








べ。べてらん・・・。





説明しよう。僕とベテランとの出会いは昨年のフジロックオフに遡る。

その頃僕はオフ会を主催していて、彼はそのメンバーに入っていたのだ。






19歳の一年浪人しているノエルファンだ。会うまで電話で数度僕と話し若々しさと熱烈さを感じていた。

が・・・。苗場で実際会ってみるとどうみても21歳の僕より年上にしか見えない。






哀愁すら漂っている・・・。思わず最初は敬語を使ってしまったほどだ。







りあ「こんにちわ。りあです。っていうか何浪っすか?ほんまは」




いーの(友人)「5浪くらいしてんのか?さてはベテラン?」






初対面にしてこの挨拶・・・。しかも勝手にベテランとか名前つけてるし。






ベテラン「いや・・・。まだ1浪っすよ。今日のオアシス楽しみっすね♪」





りあ「まだ一浪?ほんで今年はどこ落ちるんすか?おあ」












ベテランうつむく・・・。     





とにかくこういう良く分からん出会いだったが、ベテランさん今年は受かってるといいな。彼のキャラ好きだし。








今年の関西オアシスの集いは盛り上がりそうだ。ちなみに新歓とかします!!(笑)





<カラオケ屋>


駅から10分ほど歩いてやっとついた。ラウンドワンの中にあるカラオケ屋だ。

オアシスファンばっかりでオアシスカラオケなんて夢のようだ。

遠慮なしに誰にも気兼ねせず全部歌える。いつもは遠慮しながら全部歌うから今日は楽しみだった。




早速hiroさんが曲を立て続けに3つ入れる!!


Go Let It Out!、Who Feels Love、Supersonic、












さり気にセットリストを意識しているところがすごい・・・。





僕なんぞはそんなことは露知らず4曲目でChampagne Super Novaを入れてしまった。

















それはまだ早い!!と言われる。



















いや。もう我慢できんのですよ・・・。と返答する。











それからタンバリンが無いことに気づき、わめきたてる。


部屋をくまなく探すが見当たらない。なってない。なってないよ・・・。










ドリンクを追加注文するときに、

















りあ「すいません。カルアミルクとタンバリン!!
















ほんとに持ってきてくれたので感動する。




































が。今度はマイク立てがない・・・。





次々とおあしすカラオケ固有の問題が発生して大変だった。



さすがにカウンターにも置いてなさそうなので我慢することに。











かくして、マイク2本とタンバリン係一人でローテーションを組みオアシスカラオケ大会が始まる。



My Generationを挟み14曲連続でこの体制で歌い続ける。



Whateverではマニアならではのライブバージョンで歌い、

Champagne Super Novaでは最初の波の音に感動し、最後のギターの途切れる音に感激する。















一同「うぉぉぉぉぉ・・・・おあ。」








素晴らしい。素晴らしすぎます。

最後を10周年記念ライブのラスト、Roll With Itで締めくくった。

オアシスはすべて歌いつくした。

















hiroさん「アンコールいっとく?」










いや。喉痛いっす。










りあ「ここはひとまず自由時間(?)としましょう」










というわけで自由時間(?)が始まり、みなみえ社長は虎舞竜のロードを歌う。

これはかなり懐かしい。僕が中学校の時始めて行ったライブが彼らだった。







友人が会員先行でチケットを取ったにもかかわらず席が一番後ろだったのに疑問を持っていたのを覚えている。




あと異常におばさんが多かった・・・。俺たちゃ若かった。14歳だった。












そんな自由時間もわずか20分で終わり、再びオアシスへ。

アンコールではChampagne Super Nova、そして最後はHelter Skelterと行きたかったが

ビートルズ欄を探しても見つからない。











突如hiroさんの顔が笑顔で崩れる・・・。















りあさん、みなみえさんすべてを把握!!










I Am The Walrus を発見した瞬間だった。






何も言わなくてもみんな分かってしまうところが怖い・・・。















これでラストを飾りめでたくオアシスカラオケは終了した。

これだけ曲が揃っていて、全員オアシスファンで素晴らしかった。





こんなに素晴らしいのに、事前に友人のいーの氏を誘ったら、



































「え?気持ち悪いから行かんわ」












戻る