×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

fanatic days 1






こんにちは、村上。です。



いやあ、ツアー終わってしみじみ実感したことがあるんですけど、聞いてくれますか?










ほんと、あれですね。オアシスファンは凄まじいですね。

















まともじゃないっすよ。マジで。



















っていうか、オマエが言うなよ・・・・・・。って感じでつか? おあ。











まあですね、とにかくそれは置いておいて、オアシスファンはやっぱり凄かった編です。













その1。いきなり、引かないでくださいよ? お願いすます。そこんとこ。




ぼくだって、頑張って”書いてるんだから”。














オアシスのノエルギャラガーにサインを貰おうとして、ですね。







ぎゃー。ぎゃー。ぎゃー。っと、叫びながら、
































婚姻届を持って、追っかけ回す・・・・・・。



























え?













「ノエルに、ここにサインを貰って、
勝手に区役所に出します!!!





































え?















本当は、イギリスから取り寄せようとしたのですけども、イギリスの婚姻届は











ノエルに気づかれるのかもしれないので・・・・・・」




































しばらくぼくの頭はえ? ばっかりでした。





木曜日には、この婚姻届追っかけノエル会は1人だったのですが、翌日金曜日には同志が増えており、















「ノエルを寝取る」だとか、「ノエルと結婚する」だとか、「ノエルの子供を産む」とか、





婚姻届をびらびら風に舞わせながら、ノルマンディー上陸作戦会議は圧巻でしたねえ。







彼女たちの真摯な姿に、ぼくは心の底からですね。






























「はあ・・・・・・」と、ため息しか出てこなかったです。すんません。














ノエルに”婚姻届”に”騙して”サインを貰って、”勝手に提出”して、”既成事実をつくり上げる”。







しかし、ノエルだけに留まらず、
「ザックに婚姻届にサインを貰う!!!」
と息巻く、亜流が一名。














ザックはオアシスじゃないのでは・・・・・・、などと的確なアドバイスをしようとしたのですが、



























目が殺気に満ちていたので、言いませんでした。






本気だ。本気の目です。












ザックがオアシスじゃないとか、





そんなこと分かっていますよね。
どう見ても、素人じゃないですから・・・・・・。













で、ですね。大阪初日の昼は、「おあしすへの想い」に出演してくださっている、岡山コラムの岡山さん師匠、弟子、


ひろみさん(空想科学ノエル会)、まりこさん

と一緒に行動していました。


岡山さんは、ファンタスティックなおあ女子大生2人組なのですが、2年ぶりぐらいの再会です。














豪快にパワーアップしておりました。




ストレートで150キロ。球種も増えており、フォークは鋭く落ち、カーブは鋭利に曲がり、チェンジアップではタイミングが合わず。








すっかり豪腕です。



「村上さんがコラムに書いてくれたおかげで、













自己紹介しなくて済みますよ。ありがとうございます。











『岡山です』で通じますから・・・・・・」と、にやり笑う師匠レナさん。











2年前はアンディーとゲムの見分けが付かなかったというのに、









「おあ伝道師」の称号まで授かっているチエさん・・・・・・。











しかも、彼女はどっちかと言うと、りあむ派です」という恐るべき伝道師です。











しかも、2人で競い合っていたせいもあってか、相乗効果で素晴らしいおあファンに仕上がっています。
















お好み屋さんでは、岡山師弟は芸術的作品を披露。














のえ・・・・・・。













「マヨネーズで、のえのえ。家でよくやるよね?」と、にこにこ師弟。











「よ、よくやるんですか・・・・・・」と、押されまくりの村上。・・・・・・。

















やっぱ、岡山さんは凄いっす。










そのあとのオアシスケーキ屋さんツアーでは、おあケーキを注文したのですが、あんまりにも



おあおあおあおあおあおあおあ言っているものだから、手にオアシスのCDとか持っているものだから


英国人パティシエさんがぼくらがファンであることに気がつきました。





「これからオアシスへ行くのか?」とか、色々話しかけてくださったりしました。


彼もオアシスを観に行くそうで、とても楽しそうな笑顔で、ぼくらを見やって、それからというものは店内の音楽はオアシスばっかり。笑。



Morining Glory、Don't Look Back In Anger、Wonderwall。静かで、清潔なお店のなかは、軽くお祭りみたいでした。





ぼくは時々、口ずさんで歌ったり。美味しい紅茶を飲み、ケーキを食べ、静かな店の外の風景を眺め、楽しいファンに囲まれて。





夕方過ぎぐらいの、色の濃い太陽と絡まりながら、ぼくはとても気分が良かったです。これから、待ちに待ったオアシスのライブの初日。




みんなの胸の鼓動、想いが伝わってきて、ぼくの心に温かく染みてきます。オアシスファンのケーキ屋さんで、オアシスを聴きながら、


彼らの音楽について、そして、これから数時間後のお祭りについて。止めどなく溢れてくる気持ちでいっぱいでした。














で、大阪城ホールに着くといろんな人が居て、いろんな話をしていくうちに、かの有名なベテラン先生が登場なさり、


先生自ら、「おあしすは人生っす」とのありがたい言葉を賜り、おあファン一同、感涙の極み。



11月の半ばの夜ともなると、寒くて仕方がなかったのですが、久しぶりに顔を合わす仲間との時間はとても温かかったです。












18時40分にもなると、ファンの皆さんも揃って会場へ入っていきました。が、村上。さんだけは、外で待機。




相方のゆうこ(のバカ)が、













またしても遅刻・・・・・・。18時30分の時点で、「まだ、梅田」などというメールが・・・・・・。
















勘弁してくださいっすよ。前の日に



「お願いですから、
遅刻だけはどうかどうかしないでください・・・・・・」











ってメール送ったじゃねえか。
































てめーは、字が読めねえのか??












と、かなり頭に来ていたのですが、放っていくわけにもいかず。じっと待機。寒いけど待機。とりあえず、待機。




18時50分。ゆうこ到着。速攻で迎えに行く。「何とか、間に合ったぁ・・・・・・」と笑顔で。


ほんと、ギリギリですよ。心臓止まるかと思いました。が、ゆうこは次の瞬間、














「おなか空いたよぉ・・・・・・。何か、買って」










と、マジで死ね・・・・・・。って思いましたが、フランクフルトとたこ焼きを食べさせ、無事入場。














ほんで、ぼくらも、オアシスの長いお祭りに無事参加出来ました。苦笑




めでたし、めでたし。って感じの初日。









戻る