×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ディグアウトマン1号&2号 後編





名古屋と言えば、立派なしゃちほこ名古屋城、

庭に植えてあるサボテンの切れ端をスパゲティに混ぜて
食べさせられるという噂の比類なき山「喫茶マウンテン」




ネットでアイドル気味になっている「たわし猫」がいるカフェ。





軍服ストアや家電量販店等歩いていて飽きない大須。


が、しかし、我々は「栄」に攻めました。


何故なら「そこに、オアシスがいる……」










かも知れないから。


ランドマークであるテレビ塔がそびえる、名古屋最大の繁華街です。





突如として降臨した我々関西おあ野郎ども!!!




通信兵が栄の楽器屋を検索し、








今頃ノエルがギターを選んでいるんじゃないのか!!? 








突拍子も無い妄想に誘われていざ出陣〜、出陣〜。





駐車場から歩いて10分ぐらいしたころ、スクランブル交差点の向こう側で

街頭インタビューをやっているではないか! 



テレビカメラをかついだ若い男と笑顔が素敵なレポータの女性。




なぬ!! 















テレビでオアシスの宣伝しとくか!!!







村上。「おい、タグチ」


タグチ「ああ。そうやな」



ディグアウトマン1号2号出撃決定です。



とりあえず、テレビカメラに取材を受けてみたくなったので、横断歩道を渡って近づいた。





















オアシス歌ったろか!!! 




息がぴったりですディグアウトマン1号2号。

お姉さんはなんか、フリップボード持って街行く人にインタビューし続けています。

どうやらボードを使って質問をしているようです。


いったい何を質問しているのでしょう? ま、何を質問していても、関係ありません。












答えはオアシスに決まっているから。





ペアルックのおあTシャツにユニオンジャックマント。

もう、何を訊かれても、我々はオアシス! と叫ぶのみ。




















何だ、この二人組?




と思われても、突っ走るだけです。荒野に向かって。







そして、テレビカメラにうんと近づこうとしたらそのフリップボードの中身が見えました。




三人の男性の顔写真です。アイドルの顔写真でも、何でもありません……。


ただのおっさんです。何のインタビューなのでしょうか、いったい。。



そして3人の顔写真の下には、大きな文字で





























「死刑」、「死刑」、「無期懲役」


















暗過ぎる……。






ディグアウトマン1号2号はそそくさと走り去りました。ダッシュで逃げた。




これは場違いやな……。













しかしテンションが高いため気持ちをすぐに改めて、オアシス捜索活動再開。



5人は忍者のごとく四方八方に散った。



のですが、結局見つかったのは






ラジオ公開生放送前の「Pafume」を待つ人だかりぐらいでした。






人だかりを見つけた時には、「おおおお!!!」って感じでしたが、




オアシスでこんなに人が集まるわけがないか。

疲れていたせいかやけに冷静です。



って言うか、もう4時30分だしいないか。会場に先にいるりっきーに電話したら、








「あの…もう、リハーサルやってますよ……」って玉音放送が流れてキタ。






「栄」広かったなあ。張り込み向けじゃないよな。広さが優しくない……。






もう、会場向かおう。そして、変な人たちに会いに行こう。





会場に向かうディグアウトマン1号2号









三重のサービスエリアにて、ノビノビと「気を集めている」ディグアウトマン1号

















ディグアウトマン1号2号、ついにガイシホールに特攻です。ぬお!




突入前に意思疎通の確認をしました!!





村上。「あのさ、タグチよ。。。






タグチ「何?」















村上。「そろそろ
ユニオンマントが恥ずかしい
んだけど」
















タグチ「え!!!!?







これは着とかな、あかんよ。

















村上。「そうですか……」









戻る