×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フジロック出演の可能性






2004年末から2005年初頭、そうこうしているうちにオアシスはツアーの発表を始めました。


アルバムのタイトルはおろか、発売日も決定していないというのに、UKからツアーの日程は発表。


本国イギリスの人気は圧倒的で、ことごとく瞬殺でソールド・アウト。


渇き切った喉のように、飲み干されていくチケットの数々。」


何しろ、現地イギリスに住んでいても取ることができないという空前の売れ行き。



しかし、








なぜか遙か極東に住んでいるマッスル師匠はマンチェスター公演を余裕で入手。


しかも、グラストンベリーなんぞは即日ソールドアウトにもかかわらず、








遙か極東に住んでいらっしゃる・・・・・・(略)入手。


天才的です。グラストのときは、


何でも8時間ぐらいずっとネットにアクセス続けたそうで(執念)。





次々と追加されていくライブ日程には、アジア方面のものはありませんでした。


イギリス、アイルランド。ヨーロッパのフェスティバル。アメリカツアー。


と、なると、2005年のツアーは冬になるのか、あるいは年を明けてしまう可能性もありました。


せいぜい早くても秋口というところです。しかし、それも確定的ではありません。



アルバムの発売は5月と言われていて、ぼくたちはそのあいだ、何もすることができません。



せいぜい、音源集めに精を出すぐらいで・・・(何




ところが、フジロックにオアシスが出演するのでは、という噂が立ちました。噂の段階で、もちろん、











去年のことを思い出しました・・・。






これは当てにならない。関係者も当てにならないよ・・・・・・。




まあ、でも、やっぱりそこには望みを託しちゃうわけで。



フジロックの発表は、ベックやフーファイターズ。オアシスではありませんでした。



日高氏の発言によると、フジはオアシスからのオファーを断ったとのこと。









ぼけ老人が!!!




って思いました。心底。ああ・・・なんてことをしやがるのでしょう。


せっかくおあしすのチャンスだったのに・・・・・・。なんて、君はあほなんだ。



落胆にしょげっていたぼくたちにやってきたもの。


それは運命的なサマーソニックの第1弾発表でした。










戻る