×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タワーレコード梅田店襲撃



2005年、5月24日火曜日。時は満ちたり!!!




オアシスのアルバム発売日の前日です。が、これが実質上の発売日でして、

グローバルスタンダードでして、各地レコード拠点はおあおあファンの絨毯爆撃にひれ伏すわけですよ。





というわけで、この日は、長い、長い、3年という期間を払拭してくださる記念すべき日です。





23日。ぼくとひろ氏は祝宴モードでして、夜からぼちぼち飲みはじめて、

オアシスを語らっておりました。ぼくは元々火曜日は休みなのですが、ひろ氏はオアシスのためにわざわざ休みをとった

そうで、さらに盟友oasis supernova氏はオアシスのために、



わざわざ12時で会社を早退するという、あきらかに通常人とは異なる動きをとっております。



しかし、そこはやはりオアシス民の宿命であり、悲願であり、背中に背負った十字架なのですよ。
















こんな日に働けるか!!!ボケ老人が。










発売日前日ともなると緊張しましたね。もう、いろんな感情に飲み込まれる。


心配だったり、不安だったり、にやにやしたり、頭がからっぽになったり。


各地に拠点をつくっているファンにおあ電話して、わめき散らしたり。










我々は緊張の面持ちで、24日の朝を迎えたのでした。輝かしい朝です。

出発の準備を整えて、2、3度確かめるようにしてうなずいて、我々は外に出ました。



もちろん、行き先は、あの伝説のタワーレコード梅田店ですよ。





タワーレコード梅田店。それは、関西地区のオアシスファンにとっては、まさに聖域。


レコードショップのなかのレコードショップ。キングオブレコードショップ。



何しろ、The Hindu Timesのシングル発売日にいそいそと出かけて行ったらですね。






















臨時休業してたり。(マジかよ・・・・・・)








記念すべき、Lylaの発売日の売り場ポップは



























こんなんだったり。






「ゲムとアンディー? はあ?? 見分けがつきますか?






いったい、この店は、





















どこまで、オアシスファンを愚弄するのか??








しかし、引き寄せられるようにして、やはりタワーレコード梅田店へ。メッカで買わなければならねば。


というか、ポップも実際のところは楽しみだし。行ってみることに。



高鳴る胸を押さえながら、我々は梅田へ行ったのでした。




開店時間の10時に合わせて行ったのですが、やはりそこはタワーレコード梅田店。























なぜか、閉鎖しております。




首をかしげて、開店時間を見たところ、11時からでした。また愚弄されました。





阪神百貨店の地下で飲茶セットをたしなみ、スターバックスでラテを飲み、11時手前に速攻で乗り込みました。











いざ、いざいざ、オアシスのアルバム!!!!!










朝が早いからか、売り場には誰もいず、はたしていったいどこにオアシスは陣取っているのか。


見渡しても、よく分かりません。とりあえず、我々、困りました。店員に質問してみました。




「オアシスは??」叫ぶ








その若い男性の店員は、非難がましい目で我々を注視しました。


とげのある視線です。何が、いったい何が、この男をいらだたせているのでしょう?


そんなに、オアシスのアルバムの発売日に、「オアシスは??」叫ぶことが気に障るのでしょうか。



男は言いました。我々はその驚愕の事実に、打ちのめされ、落胆させられ、意気を消沈させられました。












「まだ、開店前なのですけど・・・・・・」



























なぬ??? 開店前??? 




しかし、我々は売り場に居るわけですよ。入り口から堂々と入ってきたわけですよ。















何をこの男は世迷い言を言っているのだろうか・・・・・・。







だが、よくよく考えてみると、入り口ってこれだったから。



























やはり、この状態で開店しているとは言えませんか・・・・・・。世間では。








でもですね、でもですね。入れるじゃん。











シャッターくぐったら。余裕で。





我々は男を見ました。ぐぐっと見ました。



「オアシスは?」もう一度叫んだのですが、どうやら出て行けチックなので、


しょんぼりして出ていく我々ふたりはこう思いました。


























質問に答えろ。








ほんで、外でうろうろと待っており、やっとのことでシャッターがあがり、再び入りました。




堂々と、胸を張って。そして、オアシスコーナーにて、アルバムを発見。おおおおあ。おおあ。あ。



山のようにおあおあアルバムがあります。おあおあ。おあおあ。



そして、今回の、伝説のタワレコポップを見よ!!





























おそるべし。タワーレコード梅田店には、OASIS大普及委員会なるものが発足しており、





てめーらは、最低でも三枚は買わなくちゃ最低だと。









てめーらは、それでもオアシスファンなのかと。













てめーらは、そんなことでこの先やっていけるのかと。












そうですか、大普及委員会どのはアルバム3枚を勧められるのですか。



我々は、ひとりにつき3枚も飼わなくちゃいけないのですか。1枚で十分だな、とぼくは思いました。




大普及委員会どの。申し訳ございません。3枚も飼うわけには・・・・・・。飼うわけには・・・・・・。





でも、アルバムを3枚手にとってみて、思ったんですねえ。














4枚くらい飼っても悪くはないな、と。







そこには確かな手応えみたいなものがありました。壮観な眺めですら、ありました。

ずっしりとした重みのようなものがあり、CDラックに並べてある4枚のオアシスアルバムを想像しました。


















絶景です・・・・・・。










ぼくは、ほほえみを浮かべて、隣に立っていたひろ氏に尋ねました。




「あれですね。せっかくですから、4枚ぐらい飼っても悪くないですね








すかさず、言われましたよ。











「何のために?」






「眺めが壮観ですよ・・・・・・」ってぼくが言ったら、
















「え?」って言われました。





仕方ないから、2枚だけ飼うことにしました。せめて、2枚は飼い慣らす義務があるような気がして。






結局、買った物はおあおあアルバム2枚とスヌーザーとストレンジデイズ。そして、ゴリラズの新作。



おあおあっと我々は帰宅しました。いよいよ、アルバムの視聴です。














戻る